彼らをお赦しください  ルカ23:33~43

主の御顔は悪をなす者からそむけられ

彼らの記憶を地から消される。」(詩篇34:16)

ルカ23章には、ふたりの「犯罪人」がいます。

「犯罪人」とは、この世の法律を破って罪を犯したものです。

「悪をなす者」とは神の律法を破り罪を犯したものです。

ローマ3章には「すべての人は罪を犯したので・・」とあります(23節)。

神の前に、私達全ては犯罪人でなくても、「悪をなす者」であり「罪人」です。

 ルカ23章には様々な「悪をなす者」がでてきます。

[1]ふたりの「犯罪人」(32節)

彼らはおそらく殺人を犯した犯罪人でした。

ひとりの犯罪人は、最後までその罪を認めませんでした。

悪を行っても、それを悪と認めないという罪の恐ろしさがあります。

[2]くじを引いていた兵士たち(34節)

キリストには目もくれず、キリストの持っているものが欲しい人々です。

健康も財産も神が私達に与えてくださったものです。

私達自身の存在も、神が与えたものです。

これらを自分のものにしている「悪をなす者」となっていないでしょうか?

[3]立ってながめていた民衆(35節)

神がなさっていることを「ながめる」とは、何もしないことです。

それは「悪をなす者」となります。

キリストの恵み深さを味わいましょう(詩篇34:8)。

[4]あざ笑っていた指導者たち(35節)

指導者たちはキリストに対する妬みと憎しみから、キリストを殺しました。

憎む相手を殺した満足から来る「笑い」です。無知から来る満足です。

神に対する「無知」という罪人の姿です。

[5]キリストを十字架につけた人々(33節)

彼らは「イエスと犯罪人」を十字架につけました。

神と犯罪人との区別がつきませんでした。

「悪をなす者」とは善悪の真の判断ができない者です。

キリストから見ると「悪をなす者」とは「何をしているのか自分でわからない」存在です(34節)。

そんな私達のために、キリストは「彼らをおゆるしください。」と祈ってくださいました。

私達は神の刑罰の対象から、愛の対象とされた者です。

御子のご支配の中」に移された者です(コロサイ1:13)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sawakei1

Author:sawakei1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR