神の愛とゆるし   ルカ23:32~43

 やがてクリスマスを迎えます。

キリストは、全人類の救い主としてこの世に来てくださいました。

このキリストが最後にどうなったかが今日の聖書の個所に記してあります。

「どくろ」と呼ばれているところで二人の犯罪人と共に、キリストは十字架につけられました。

その十字架のもとには、当時イスラエルを治めていたローマの兵士たちがいました。

そして、キリストが身に着けていた衣をくじで分け合っていました。

人々は十字架のキリストを眺めていました。

指導者たちはあざ笑っていたとあります。

キリストの両側につけられた犯罪人たちも「自分と私たちを救え」と言いました。

しかし、犯罪人の一人は、途中で自分の罪を認めました。

「われわれは、自分のしたことの報いを受けているのだからあたりまえだ。」(41節)。

そして、キリストを受け入れました。

「イエスさま。あなたの御国の位にお着きになるときには、私を思い出してください」(42節)。

彼が心を変えたのには理由があります。

それは、彼がキリストの祈りを聞いたからです。

「父よ。彼らをお赦しください。

彼らは、何をしているのか自分でわからないのです」(34節)。

作家の三浦綾子さんはこの祈りについて次のように言っておられます。

「この祈りは本当の神しか祈れない祈りである。」

先ほどの犯罪人の決心の祈りに対してキリストは答えられました。

「まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます」(43節)。

 この犯罪人に限らず、全ての人は神の前に罪人です(ローマ3:23)。

しかし、「御子イエスの血はすべての罪から私たちをきよめます」とありあります(Ⅰヨハネ1:7)。

キリストは愛とゆるしの神です。あなたの救い主です。

キリストを受け入れることによってあなたも救われるのです。
スポンサーサイト

愛され愛する人に

 デボーションの本に「いかに愛するかではなく、いかに愛されたかによって、人の心は決まる」とありました。

[1]私達は神に愛されるために生まれました

神は私達を「恋い慕って」いるとあります(15節)。

これはねたみを伴う愛です。

ダニエルは同僚の役人達にねたまれました。

なぜなら王が自分達ではなく、ダニエルに目をかけ大事にしようとしていたからです。

神様はねたみの神です(出エジプト記34:14)。

神様は、私達がどんなものよりも自分に心を向けて欲しいと願って居られます。

夫婦の間にねたみがあることは、それは本物の愛であるからです。

神様は本気で私達を愛そうとしておられます。

その神様の本物の愛が分かると、パウロのように「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう」との勇気を持つことができます(ローマ8:31)。

なぜなら神の子とされた私達の内におられる聖霊がその確信を持たしてくださるからです(ローマ8:14~15)。

[2]私達は愛するために生きているものです

①神を愛するために生かされています(申命記10:12)。

神を愛するとは、神の命令(み言葉)に従うことです(13節)。

それが私達の幸せにつながります(13節)。

②人を愛するために生かされています(19節)。

「在留異国人を愛しなさい」とあります。

当時イスラエルと行動を共にしていた外国人がいました。

信仰は持っていなくても、私達と交わりのある人々がいます。

知人や親戚がいます。

私達はそれらの隣人にキリストの愛を示すべきです。

魂の渇きを癒すみ言葉を語る務めがあります。

良いことの知らせ(福音)を伝える人々の足は、なんとりっぱでしょう」(ローマ10:15)

神に愛されていることを確認しましょう。御言葉を伝える足となりましょう。

全き救い  ダニエル書6:19~23

 ダニエルは信仰の故に、ライオンの穴の中に落とされました。

しかし、信仰の故にその穴から引き上げられました。

ダニエル書6章は、神の救いの確かさを教えています。

今日の聖書の個所に3つの「何」がでてきます。

[1]「何の害も加えませんでした」(22節a)

害を与えるはずのライオンが何の害もくわえませんでした。

この穴は、平安そのものという穴です。

安心の保障が何もなく、恐れと心配に囲まれても、神の与える平安があります(ヨハネ14:27)。

[2]「何も悪いことをしていません」(22節c)

この世に生きている限り、このように断言できる人はいません。

しかし、ダニエルは神の「霊が宿っていた」人でした(3節)。

ですから彼は「私に罪のないことが神の前に認められた」と言っています(22節b)。

キリストを信じた者は神の前に罪を赦され、罪なしと認められます(ガラテヤ2:16)。

さらに信じる者に与えられる聖霊によって歩む者は罪に打ち勝つことができます。

このきよさがクリスチャンの力です。

罪と誘惑、恐れ・・・様々なライオンに立ち向かうことができます。

神の与える救いは全き救いなのです。

[3]「何の傷も認められなかった」(23節)

彼は傷だらけで穴から救出されたのではありません。

私達も天国に行くときも同じです。

「しみや、しわや、そのようなものの何一つない、聖く傷のない・・栄光の教会」とともに天に携えあげられます(エペソ5:27)。

それが、キリストの血潮による全き救いです。

私達に必要なことは、この十字架の救いに全く信頼し、きよめてくださる真実なキリストに従うことです。

あなたがたを召された方は真実ですから、きっとそのことをしてくださいます」(Ⅰテサロニケ5:24)。

ライオンの穴の中  ダニエル書6:1~9

 動物園のライオンの檻の中で暮らしたいと思う人はいないと思います。

しかし、この世はライオン以上の恐ろしいサタンの力が働いています。

私達はいつ襲ってくるか分からない悪魔の働く世にあって生きています。

そのような危険な中でどのように生きるかをダニエル書は教えています。

 ダニエルは、その才能のためにイスラエルを治めていたダリヨス王に目をかけられました(3節)。

[1]しかし、これをねたむ大臣たちがおりました(3~4節)。

[2]ダニエルが神に祈る習慣があることに大臣たちは気づきます。

彼らは王以外に祈願することを禁止する法令を作り、ダリヨス王の署名を求めました(8節)。

ダニエルを陥れるためです。

[3]この悪巧みに気づかないで王はうっかり印を押しました(9節)。

これらの出来事を詳しく見てみましょう。

[1]この世において私達に襲い掛かる力の一つは、ねたみです

自分よりも優秀な人、恵まれた人を見る時にねたみが起こります。

私達が誇るとしたら、私達を救い、愛しておられるキリスト以外にありません(Ⅰコリント1:31)。

このキリスト以外のものを誇りとして生きる時、ねたみに陥ることがあります。

[2]自分の気に入らない人物に対する悪巧みがなされます

出来る限り相手を苦しめたいと思います。

それが間違った満足になります。いじめもそうです。

このような思いは今に始まった事ではありません。

人間が神を離れた時から存在する奥深い罪です。

[3]無知という弱さがあります。

ダリヨス王は何も考えずに印を押しました。

しかし、その行為がどんな大きな結果を生み出すか知りませんでした。

私達には自分の行動と、その先にある結果が見えないという弱さがあります。

 結局、訴えられたダニエルはライオンの穴に投げ込まれました。

しかし、ライオンは彼に何の危害もくわえませんでした(23節)。

この世に於いてあらゆる危険から守られる秘訣は、ダニエルのように神を畏れその権威のもとに自分を置くことです。

すべて主を愛する者は 主が守られる」(詩篇145:20)

プロフィール

sawakei1

Author:sawakei1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR